沖縄ぜんざい

この夏一押し!!

ハイターイ!
がちまやーのみーきーです\(^ω^)/
毎日、暑いですね!
こんなにも暑い日が続くと冷たいものが食べたくなりませんか?


琉宮では純黒糖でじっくり煮た、金時豆入りのつめた~いぜんざいを提供しています★
さっぱり食べれる沖縄ぜんざい
甘党にはたまらない、練乳ぜんざい黒糖蜜練乳ぜんざい黒糖蜜きな粉ぜんざい
そしてカラフルで可愛い特製夢色ぜんざい


食べ方によって味わいが変わります!
琉宮がちまやー代表の私がオススメする食べ方はこちらっっ!
(写真は黒糖蜜きな粉ぜんざいです)


まずは、ぜんざいの上方を食べて中心に向かい穴を掘ります。


そして、金時豆が見えてきたら


ちょっとずつ周りを崩し、金時豆と一緒に食べます。
そうすることにより、黒糖蜜ときな粉を纏った氷を金時豆と一緒に味わう事ができます◎
これがまたうんまぁなんです(σ゚∀゚)σ




そして氷にはトッピングが可能です!
白玉3個、バニラアイス小、練乳!
1種につき+50円で出来ます!


みなさんも、何かこだわりの食べ方があったら是非教えてくださいね!!


みーきー。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

沖縄らしいウェディングのプチギフト(ドラジェ)・引菓子をお探しですか?

   こちらにございます!

     ↓  ↓  ↓

ウェディングにも『那覇の名物』琉宮のサーターアンダギー

沖縄の定番スィーツといえば!?



沖縄も暑くなってきました!
20度をオーバーする日も多くなり、海開きをした場所もあります。
そんな時はやっぱり冷たいスイーツ食べたくなりますよね~。
琉宮にも冷たいスイーツいろいろご用意してます!

今回は沖縄の定番スイーツ『沖縄ぜんざい』をご紹介いたします。
最近はテレビでご存知の方もいらっしゃると思いますが、
沖縄のぜんざいはひんやり冷たいかき氷スタイルが定番です。
琉宮の沖縄ぜんざいは、大粒の金時豆、押麦、緑豆を黒糖で甘く煮て冷やし、
煮汁を氷にかけます。
3色の紅芋、ウコン、プレーンの白玉もひと手間かけています。

暑さも吹き飛び、旅の疲れも癒されるので、
ぜひ一度食べて美味しい思い出を作っていただきたいです!
みなさまのご来店お待ちしてまーす!


                         リョウスケ

地味なのに滋味!! ~沖縄ぜんざい

ザッザッザッと金時豆を洗い、
大鍋に入れて黒糖でコトコト丹念に煮込む!
そう、沖縄のぜんざいは小豆でなく金時豆を使います。

何故か?

思い起こせば戦後、アメリカの物資がたくさん
沖縄に溢れていた頃…
カリフォルニアから来た金時豆でぜんざいを作ったのが
始まりのようです。
ぜんざいの定義は地域によって様々ですが、
沖縄では黒糖の味が染みた金時豆、緑豆、押し麦を
氷に添えた氷菓が定番です。


また、『ぜんざい』の名前の由来は、
初めて食べた一休さん(一休禅師)があまりの美味しさに
『善哉(よきかな)!』と、
言ったとか、言わなかったとか・・・

そして、琉宮の沖縄ぜんざいには、
一休さんも食べれなかった
紅芋、ウコン、プレーンの白玉ものせております。
地味だけど、滋味豊かな琉宮の沖縄ぜんざい。
是非おためしください♪