Okinawa Makishi public market in traditional local sweets "lots of sataandagi' shop & Café in Okinawa. Wedding happiness will carry "of Ryukyu lots of sataandagi" offers the taste of handmade by skilled craftsmen. Very sweet menu, such as "Okinawa zenzai" Cafe. Old fashioned taste and enjoy Okinawan confectionery & sweets!

2016年September

★ giggling Shisa and!.!.! And and and and! ★ Shisa



Deca is Ceaser's! It is?!(°-°;)
Like the title is.

Georg eyes!
And great open mouth!


Today is from Ryukyu Palace head office library, 3 minutes
Yachimun (pottery), located at the entrance to it
Guardian deity of the city of Naha "Tsuboya giggling Shisa ' introduction.

More than 3 meters in height, tofu(Big)The Shisa
0/2013, Tsuboya ware potters who painstakingly is made.


During the daytime every 10 minutes to mouth and base from mist(Fog)Is the system.
(One of the disambiguation, there is a poison mist green, red, blue,
As the image is like that feeling.(° B °;Bruno)-
However, Shisa mist colorless harmless & very refreshing is, so
You can enjoy theirs.(^ o ^)v)


And at night is lit up, and press the button of the monument
Of all, will you introduce yourself at!
(Audio is very astringent voice deep Tsuboya residents Association,
That of the President.)

Thanks for watching on a rainy day and the sunny days.
It is somewhat reassuring(^ Mike ^)-"Arigato!!Ufsisar!

Be if compared to the summer, this ~ ~ and was a pleasant
Recommended for Naha, Okinawa was walking spots.


And then,
Pray for the happiness of the people who live in Okinawa, people, people coming and going
Made a tofu from Shisa dangling just 3 minutes!
[Ryukyu candy Ministry of Ryukyu Palace] to explore the temple visit please!
Next to the goodwill of Ryukyu in the inside back
Will greet also the Palace Ryukyuan Shisa.

Tehe!!

Kina I did immediately.




☆ Okinawa, treats about ☆ agaracer

皆さん、こんにちは!
いつも琉宮のブログをご覧くださいまして、
ありがとうございます(^ O ^)

本日は、沖縄で愛されている
素朴な郷土菓子のお話をさせて頂きます。

「アガラサー」というお菓子はご存知ですか?
日本各地でも、馴染みのあるお菓子です。

訳しますと、本来は「蒸し器」の意味ですが、
蒸しパンや蒸しカステラの事も指します。


このアガラサー、
市場周辺やスーパーを
よ~~く見てまわると
さりげなーく陳列されていたりします。
けして派手ではないけれど、
普段の生活に寄り添ったおやつなのです。

写真は、月桃の葉を下に敷き
バナナ・カボチャ・ヨモギ・紅いも・黒糖が
ミックスされたアガラサーです。
まるで、沖縄のチャンプルー文化を
象徴するかのような鮮やかさ!

沖縄旅行の際は、
ローカルなおやつを探してみるのも楽しみの一つ、
ではないでしょうか?

探し疲れた時は、
琉宮でひと休み~、も楽しみに入れて頂けるとうれしいです♪

☆ Ryukyu Palace staff back recipe! lots of sataandagi


本日は琉宮のサーターアンダギーを、
さらに美味しく召し上がって頂く
レシピをご紹介致します。

ご用意するものは、

①貴方の定番になりたい!
「琉宮のサーターアンダギー」


②バニラアイスクリーム

・・・ここまで書けば、
皆さま、もうお分かりですよね(^_^;)

オーブントースターで約1分半
温めたサーターアンダギーを、
食べやすい大きさにカットします。


あとはバニラアイスを添えて出来上がり♪

正直に申し上げます、
「ほっぺたが落ちちゃうほど
おいしいですよ~~」
ぜひ、ご家庭でもお試し下さい。

※なお、
ほっぺたが落ちた方はご連絡下さい。
責任を持って、スタッフが
ほっぺたを拾いに参ります!(゚◇゚;)


Though modest nook! -Okinawa

ザッザッザッと金時豆を洗い、
大鍋に入れて黒糖でコトコト丹念に煮込む!
そう、沖縄のぜんざいは小豆でなく金時豆を使います。

何故か?

思い起こせば戦後、アメリカの物資がたくさん
沖縄に溢れていた頃…
カリフォルニアから来た金時豆でぜんざいを作ったのが
始まりのようです。
ぜんざいの定義は地域によって様々ですが、
沖縄では黒糖の味が染みた金時豆、緑豆、押し麦を
氷に添えた氷菓が定番です。


また、『ぜんざい』の名前の由来は、
初めて食べた一休さん(一休禅師)があまりの美味しさに
『善哉(よきかな)!』と、
言ったとか、言わなかったとか・・・

そして、琉宮の沖縄ぜんざいには、
一休さんも食べれなかった
紅芋、ウコン、プレーンの白玉ものせております。
地味だけど、滋味豊かな琉宮の沖縄ぜんざい。
是非おためしください♪